立ち読みする

電子書籍・音声コンテンツの楽しみ方

紙書籍情報はこちら

幻冬舎plusでの読書にはインターネット通信(オンライン)環境が必要です。

※特に、画像が多い本やコミック作品を読む際は通信するデータ量が多いため、高速なブロードバンド通信環境を推奨いたします。

推奨環境はこちら

重力とは何か アインシュタインから超弦理論へ、宇宙の謎に迫る

幻冬舎 学問・教養

大栗博司

内容紹介:

私たちを地球につなぎ止めている重力は、宇宙を支配する力でもある。重力の強さが少しでも違ったら、星も生命も生まれなかった。「弱い」「消せる」「どんなものにも等しく働く」など不思議な性質があり、まだその働きが解明されていない重力。重力の謎は、宇宙そのものの謎と深くつながっている。いま重力研究は、ニュートン、アインシュタインに続き、第三の黄金期を迎えている。時間と空間が伸び縮みする相対論の世界から、ホーキングを経て、宇宙は10次元だと考える超弦理論へ。重力をめぐる冒険の物語。

※この商品は電子書籍です。紙の書籍ではありません。

836  税抜

ポイント: 67ポイント 還元

販売開始日:2012.07.05

コメント

重力がなければ生きられない、でも重力の不思議はおもしろい

文系ですが、とても興味を覚えております。

今年になって数学やサイエンスに興味を持ちました。
こんな世界を学生のころに知りたかったです。
大栗先生の一般向けの著書や解説はわかりやすくて面白いです。ありがとうございます。

微妙で奇跡的なバランスを保っている重力の世界は興味深く、宇宙の神秘に引き込まれます。

素粒子物理学がどうして宇宙の謎に迫れるか、わかった様な気になりました。「強い力と弱い力」も読んでみようと思います。

文系の私ですが、最後まで興味深く読むことが出来ました!

この商品を買った人はこんな商品も買っています

この商品を見た方へのおすすめの記事

無料の会員登録で幻冬舎plusを更に楽しむ!会員特典をもっと見る

会員限定記事が読める

バックナンバーが読める

電子書籍が買える

イベントに参加できる

会員限定バックナンバー
電子書籍ランキング一覧
全書籍
小説
ノンフィクション