立ち読みする

電子書籍・音声コンテンツの楽しみ方

紙書籍情報はこちら

幻冬舎plusでの読書にはインターネット通信(オンライン)環境が必要です。

※特に、画像が多い本やコミック作品を読む際は通信するデータ量が多いため、高速なブロードバンド通信環境を推奨いたします。

推奨環境はこちら

忍者はすごかった 忍術書81の謎を解く

幻冬舎新書 学問・教養

山田雄司

内容紹介:
最大の敵は「酒」「性欲」「金」だった!

忍者研究の第一人者が、400年前の忍術書から〈忍びの情報学〉を伝授する。



黒装束で素早く動き、手裏剣で敵を撃退する……忍者に対するそんなイメージは、すべてフィクションだった!

「忍者」という呼び名自体が昭和30年代に小説などを通じて定着したもので、歴史的には「忍び」と呼ばれた。

最も大事な使命は、敵方の情報を主君に伝えるため必ず生きて帰ること。

敵城に忍び込んで情報を得ることはもちろん、日中は僧侶や旅人に化けて話を聞き出していた。

「酒、淫乱、博打で敵を利用せよ」「人の心の縛り方」など忍術書の81の教えから、忍者の本当の姿を克明に浮かび上がらせる。



【もくじ】

第一章 忍びの情報学

●メディア未発達時代の情報収集術

●蚊や蠅、ノミやシラミにも学べ ほか



第二章 忍びのコミュニケーション

●友人関係を見れば、その人の嗜好がわかる

●相手が自分より賢いか、愚かかを知る方法 ほか



第三章 忍びと禁欲

●酒、淫乱、博打で敵を利用する

●人の心の縛り方 ほか



第四章 忍びの使命

●忍びの道具と服装

●「忍術の三病」は恐れ、侮り、考えすぎ ほか



第五章 忍びの洞察力

●黒子の位置で性格がわかる?

●「四知の伝」を駆使して敵を寝返らせる ほか



第六章 忍びの精神

●心の上に刃を置いて「忍」

●必要なのは「知恵」「記憶力」「コミュニケーション能力」 ほか



第七章 忍びとは何か

●名声を博すようでは一流ではない

●ブルース・リーも忍術書を読んでいた? ほか

※この商品は電子書籍です。紙の書籍ではありません。

741  税抜

ポイント: 7ポイント 還元

販売開始日:2017.07.27

コメント

投稿はありません

この商品を見た方へのおすすめの記事

幻冬舎plusの会員登録(無料)をすると…すべての会員特典を見る
  • 会員限定の記事が読み放題に
  • 会員限定イベントに参加できる
  • プレゼント抽選に参加できる
  • ストア利用でポイントが貯まる
電子書籍ランキング一覧
全書籍
小説
ノンフィクション