立ち読みする

電子書籍・音声コンテンツの楽しみ方

紙書籍情報はこちら

幻冬舎plusでの読書にはインターネット通信(オンライン)環境が必要です。

※特に、画像が多い本やコミック作品を読む際は通信するデータ量が多いため、高速なブロードバンド通信環境を推奨いたします。

推奨環境はこちら

はじめての支那論 中華思想の正体と日本の覚悟

幻冬舎新書 社会・政治

小林よしのり / 有本香

内容紹介:
国際社会が、いわゆる中国(中華人民共和国)をふつうに「チャイナ(あるいはシナ)」と呼ぶ中で、なぜ日本だけが、かつては使っていた名称「支那」を差別語扱いして自主規制せねばならず、そう呼べない風潮が広がっているのか? ――そもそもここに日中関係の本質的問題点がある。国家エゴを押し付ける中国の覇権主義「全球化」を、アメリカ的グローバリズムから読み解き、世界的な視点で、この「ウザい隣国」を論じた、いまだかつてない“中国”論。

※この商品は電子書籍です。紙の書籍ではありません。

700  税抜

ポイント: 7ポイント 還元

販売開始日:2011.09.14

コメント

投稿はありません

この商品を買った人はこんな商品も買っています

この商品を見た方へのおすすめの記事

無料の会員登録で幻冬舎plusを更に楽しむ!会員特典をもっと見る

会員限定記事が読める

バックナンバーが読める

電子書籍が買える

イベントに参加できる

会員限定バックナンバー
電子書籍ランキング一覧
全書籍
小説
ノンフィクション