立ち読みする

電子書籍・音声コンテンツの楽しみ方

幻冬舎plusでの読書にはインターネット通信(オンライン)環境が必要です。

※特に、画像が多い本やコミック作品を読む際は通信するデータ量が多いため、高速なブロードバンド通信環境を推奨いたします。

推奨環境はこちら

『だったらボクがやる 宇崎治朗政治塾へようこそ』シリーズ

だったらボクがやる 宇崎治朗政治塾へようこそ 第7回

幻冬舎 小説

幸田真音

内容紹介:
シュンが次の選挙に向けての役割分担を割り出した。膨大な情報を元にシミュレーションした結果の適材適所だという。選挙参謀・松永、政策秘書・セイラ、そしてなぜか、立候補者の第二候補にボクの名が……。しかも、立候補者は、選挙管理委員会に600万円を供託金として支払わなければならない。お金のないボクの代わりに、シュンは自分が払うというが……。

※この商品は電子書籍です。紙の書籍ではありません。

100  税抜

ポイント: 1ポイント 還元

販売開始日:2012.05.04

コメント

投稿はありません

この商品を見た方へのおすすめの記事

無料の会員登録で幻冬舎plusを更に楽しむ!会員特典をもっと見る

会員限定記事が読める

バックナンバーが読める

電子書籍が買える

イベントに参加できる

会員限定バックナンバー
電子書籍ランキング一覧
全書籍
小説
ノンフィクション