毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

カートは空です
立ち読みする

電子書籍・音声コンテンツの楽しみ方

紙書籍情報はこちら

幻冬舎plusでの読書にはインターネット通信(オンライン)環境が必要です。

※特に、画像が多い本やコミック作品を読む際は通信するデータ量が多いため、高速なブロードバンド通信環境を推奨いたします。

推奨環境はこちら

「見えないもの」を大切に生きる。 生活と心を調える禅的思考のすすめ

幻冬舎単行本 学問・教養

平井正修

内容紹介:
自信が持てない。やりたいことが見つからない。何をやっても充実感がない。人を許せない。年をとるのが怖い。人が妬ましい。片付けができない。SNSの「いいね!」が気になって仕方ない……。日々、悩みが尽きないのは、「自分にとって大切なものがなにか」を見失っているから。

モノと情報が溢れる現代では、意識しないと、混沌の底で「断ち切れない」「捨てられない」ものにとらわれ、大切なものを取りこぼしてしまうことに――。

大切なものと、そうでないものを見分けられるようになれば、きっと変わります。

実は、大切なものほど、目には見えません。

本当の幸せは、見えないものの中にあるのです。

○言葉やものが心を満たしてくれるのは一瞬。言葉やものを欲しがらないこと。

○大切な心理や教えほど、文字や言葉にはできません。

○確かなものなど何もないのだから、「見えているもの」「そこにあるもの」にこだわらない。

○大切なものは変わっていくのだから、「大切だな」と感じが瞬間を蔑ろにしない。

○感情に、綺麗も汚いもない。怨みを知ることで、許すすばらしさに気づくかもしれない。

○目に見える物には「見えない思い」がついている。「思い」を断ち切りたいなら、「もの」を捨てる。

○正解と不正解にこだわらない。

○SNSで「いいね!」を集めて満足しない。

○五感を働かせる。

大切なものを見る「目」を身につけるためには、「朝、気持ちよく起きる」「玄関とトイレの掃除をする」「姿勢を調える」「“ながら寝”をやめる」「見直す習慣をつける」「お金は、稼ぐときより、使う時に心を配る」「“たかが”に心をくばる」などの日々の心がけからです。

坐禅会に申込者殺到。安倍晋三首相、中曽根元首相も参禅する禅寺の住職から、悩める現代人へ、渾身のメッセージ。

※この商品は電子書籍です。紙の書籍ではありません。

960  税抜

ポイント: 10pt 還元

販売開始日:2015.12.09

コメント

投稿はありません

この商品を買った人はこんな商品も買っています

この商品を見た方へのおすすめの記事

無料の会員登録で幻冬舎plusを更に楽しむ!会員特典をもっと見る

会員限定記事が読める

バックナンバーが読める

電子書籍が買える

イベントに参加できる

会員限定バックナンバー
電子書籍ランキング 一覧
全書籍
小説
ノンフィクション
 
ロード中...