毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

カートは空です
立ち読みする

電子書籍・音声コンテンツの楽しみ方

紙書籍情報はこちら

幻冬舎plusでの読書にはインターネット通信(オンライン)環境が必要です。

※特に、画像が多い本やコミック作品を読む際は通信するデータ量が多いため、高速なブロードバンド通信環境を推奨いたします。

推奨環境はこちら

三人の志士に愛された女 吉田松陰の妹

幻冬舎単行本 学問・教養

原口泉

内容紹介:
日本近代を動かした英傑(おとこ) 吉田松陰、久坂玄瑞、楫取(かとり)素彦の生涯を見届けた、知られざる「女の一生」とは。



2015年NHK大河ドラマ『花燃ゆ』のヒロイン・杉文。

なぜ今、まったく無名といっていい文を主役にしたのか。

歴代の大河ドラマで時代考証を務めた著者が、文の人生を通り過ぎた男たち、吉田松陰、久坂玄瑞、楫取素彦との関わり合いから「名もなき女の一生」に迫る。



【内容抜粋】

●大河ドラマ『花燃ゆ』の題名に秘められた意味

●「篤姫」「新島八重」と同時代を生きながらどう違うか

●「女性登用」時代にあえて問う「名もなき女たちの偉大さ」

●文の子ども時代が偲ばれる姉・芳子の談話

●司馬遼太郎が「維新史の奇蹟」と呼んだ松陰の存在

●兄・松陰の早すぎる死を、文はどう受け止めたか

●久坂玄瑞が最初、文との縁談を渋った理由とは

●20通の手紙が語る玄瑞と文の、短いながら細やかな夫婦愛

●楫取、男爵となり華族に列せられ、美和子は男爵夫人となる

●楫取素彦は、なぜ歴史上の主役にならなかったのか

※この商品は電子書籍です。紙の書籍ではありません。

880  税抜

ポイント: 9pt 還元

販売開始日:2015.02.06

コメント

投稿はありません

この商品を買った人はこんな商品も買っています

この商品を見た方へのおすすめの記事

無料の会員登録で幻冬舎plusを更に楽しむ!会員特典をもっと見る

会員限定記事が読める

バックナンバーが読める

電子書籍が買える

イベントに参加できる

会員限定バックナンバー
電子書籍ランキング 一覧
全書籍
小説
ノンフィクション
 
ロード中...